whodunit’s diary

このダイアリーではテレビドラマ「真犯人フラグ」を考察しています

ボスママの正体は…「真犯人フラグ」冷凍遺体の少年と光莉は知り合いだった?

第6話で新キャラとしてボスママと充さんが登場している。相良家に起きた10年前の出来事に新キャラが関係している可能性が出てきた。その10年前の重要な出来事は三つある。
・ボスママが真帆をいじめていた
・光莉が小学校のお受験を断念
・篤斗が2011年8月29日に生まれた

謎の男と凌介は10年以上前に会っていた*1

第6話で相良凌介に謎の男(前野朋哉)が接触してきた。男から「どこかでお会いしませんでしたか?」と声をかけられる。しかも接点があったのは10年以上前だという。凌介には男と会った記憶はなく、詳細を語らずに謎の男は去ってしまった。
「10年前」がきっかけで、凌介は光莉がお受験を断念したことを思い出した。塾でボスママが真帆に嫌がらせをしていた事で、凌介が「小学校の受験やめちゃえば」と勧めていた。

〇〇は冷凍遺体の少年の母親なのか?

冷凍少年の遺体を見ても、凌介はその子供が誰なのか分からない。しかし凌介の名前で遺体が送られていた以上、冷凍遺体の少年と相良家は関係があるはず。
冷凍遺体の少年は5年前に亡くなってるが、生きていれば光莉と同じ年齢です。もしかしたら光莉と少年は10年前に同じ塾に通っていたかもしれない。仮にこの仮説が正しければ、冷凍遺体の少年の母はボスママかもしれない。

ではボスママは誰なのか?

ネットではボスママ=包丁女、またはボスママ=バタコさんという説が出ている。
仮に包丁女=ボスママならば、着信履歴に出てきた「充さん」が謎の男という可能性もある。凌介に何かを確認した後に、包丁女(ボスママ)に連絡する約束だったのだろう。謎の男と凌介は面識があるはずなので、ボスママの夫ではなく、10年前の塾関係者かもしれない。

菱田朋子は冷凍遺体事件には無関係

Huluオリジナルストーリー第2話で、菱田朋子は富樫という整体院の院長と「できちゃった結婚」していた。その時の子供が清明くんで、その後に子供は生まれていないはず。つまり冷凍遺体の少年が菱田朋子の子供だったという説は消えた。5年前に青葉団地に引っ越してきた理由は、モラハラ夫と離婚したからで、冷凍遺体の少年との接点はない。

菱田朋子は包丁女でないことも確定した。充さんから16時17分に着信があったが、菱田朋子はその時間は整体院で働いているはず。

余談だが相良家のアルバムに光莉がいない…

第6話で凌介が家族のアルバムを見ていた。このときテレビに映っていたアルバムは、2003年から2007年のアルバムと2011年から2015年のアルバムのみ。2008年からの3年分が見えなかった。
また妊娠中の真帆と自転車の練習をしている少年(おそらく篤斗)はアルバムの写真に写っていた。2005年3月4日生まれの光莉の写真が見えなかった。これは推理に関係ないから省略されただけだろうか?

*1:第7話で「なかむらみつる」と名乗った